このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 脱毛の痛み対策のセルフケア 脱毛の痛みを減らせる自分でできる対処法

脱毛の痛みを減らせる自分でできる対処法

29view

2018.02.28

脱毛サロンのスタッフに協力してもらおう

照射のタイミングに声かけをしてもらう

パッチテストで照射の痛みの予想はついていても、不安が高まり痛く感じやすくなります。どのタイミングで照射が来るか、わかったほうが痛みを感じにくいという人もいます。その場合はスタッフにお願いして声かけをしてもらいましょう。

例えば、「3,2,1、ハイ」とカウントダウンしてもらったりすることで、痛みを感じるタイミングが予測できて、カウントダウンの無い時は照射が無いためリラックスすることができます。

いつ照射するのかわからないと、常に緊張状態で痛みを感じやすくなってしまうというタイプの人は、カウントダウンをお願いしてみましょう。

気をまぎらわすために協力してもらう

カウントダウンすると逆に緊張するという場合には、関係ない会話をしながら気を紛らわしてもらい照射をする方法もあります。脱毛サロンのスタッフさんは、同年代の女性も多く雑談でも盛り上がれることが多いです。

最近流行りのお店の話題や、面白かったドラマの話題などで盛り上がっているうちに施術をすませてもらいましょう。

どうしても痛いなら出力を下げてもらう

会話で気を紛らわしたり、タイミングをはかっても痛みに耐えられない場合は、照射の出力を下げてもらうこともできます。出力を下げることで脱毛効果は下がってしまいます。

しかし、続けることでムダ毛も薄くなり、徐々に照射の痛みも少なくなっていきます。そこで耐えられない場合は、1~2回は出力をさげてもらい、ムダ毛が減ってきてから出力を上げることで痛みと効果のバランスをとることもできます。

脱毛の施術日までのセルフケアも怠らない

毎日の保湿で痛みを感じにくい肌を作っておく

施術前や施術後も、お肌の保湿は怠らないようにしましょう。肌が乾燥をしていると、どうしても照射の痛みを感じやすくなります。そこで普段からしっかりと保湿を続けることで、脱毛の施術の痛みを和らげることができます。

また、脱毛後はムダ毛がなくなるため、肌自体が乾燥しやすくなります。肌が乾燥すると肌トラブルを引き起こしやすくなります。肌トラブルは脱毛時の痛みにもつながるので、やはり保湿は大切です。

規則正しい生活で健康な肌を作っておく

生活リズムの乱れは、脱毛時の痛みにもつながります。睡眠時間をしっかりとらないと、お肌が敏感になり照射時の痛みを感じやすくなります。また、生活リズムの乱れから肌トラブルがおきることも痛みの原因につながります。

そのため、脱毛サロンに通っている間は規則正しい生活を心がけるようにしましょう。特に、施術日前日にお酒を飲みすぎて二日酔いのなるようなことは絶対に避けましょう。

回数が増えれば痛みも減る

脱毛の痛みは、ムダ毛の太さや量の多さに比例します。脱毛サロンに通い続け、徐々にムダ毛がなくなれば痛みも減っていきます。脱毛で一番痛いのは一回目の施術です。次に来る時は、今日より痛くない!と思えば痛みも乗り越えられます。

通えば通うほど痛みは減るため、キレイに脱毛するには通い続けることが一番大切です。結果を早く求めて強力な照射にするよりは、通い続けられるレベルの照射で長く通えるサロンを見つけるようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る