このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 脱毛法と痛みの違い 脱毛サロンと医療脱毛でVIO脱毛の痛みの違いとは

脱毛サロンと医療脱毛でVIO脱毛の痛みの違いとは

61view

2018.02.21

痛みの違いは脱毛機器の違い、痛みと効果は比例する

脱毛サロンと医療脱毛では機械の出力レベルが違う

脱毛のサービスはエステサロンや脱毛専門のサロンの他に、クリニックが運営する医療脱毛があります。一般的に、脱毛サロンと医療脱毛を比較すると、医療脱毛のほうが痛みが強いという感想が多いです。

理由としては、使用している脱毛機器による違いがあります。医療脱毛では、医師免許が必要な高度な機械を使用することができます。そのため、高い出力で脱毛機器を使用することができます。

出力が高いということは、肌への刺激も大きく、火傷などの危険もともなってきます。エステサロンや脱毛サロンでは、スタッフが医師免許をもっていないため、こうした機器は使用できません。

エステサロンや脱毛サロンで使用している脱毛機器は、一定の出力以上の力が出せないタイプの脱毛機器を使用しているのです。

効果が高いのは医療脱毛、その分痛みも強い

医療脱毛の脱毛機器は、出力が高いため強い痛みを感じます。一方で出力が高いということは、ムダ毛への影響も強いということです。脱毛サロンでの光脱毛に比べて、脱毛効果を実感しやすいのが医療脱毛です。

脱毛サロンの中にも痛みを感じにくい脱毛法と、どちらかというと痛みの強い脱毛法があります。この場合も、やはり痛みの強い脱毛法ほどムダ毛への影響が大きく脱毛効果が大きく現れます。

痛ければ痛いほど効果は強くあらわれるものなのです。

脱毛サロンと医療脱毛は痛み対策も違う

脱毛サロンでも、医療脱毛でも痛みを和らげるための対策をしています。脱毛サロンの場合は、冷感ジェルを塗る方法が多いです。脱毛の痛みは冷やすことでやわらぎます。脱毛前にジェルを塗り、脱毛後にも冷やすことで痛みをおさえます。

医療脱毛の場合は、医師が医療行為を行えるため麻酔を使用できます。クリーム麻酔などで、ジェルのように脱毛部位に塗り痛みをやわらげます。こうした麻酔は、オプション扱いになることもあるため、事前に確認しておくことが大切です。

痛みが不安な人のVIO脱毛は脱毛サロンが安心

VIO脱毛は、全身の中でも痛みを強く感じやすい場所です。医療脱毛は効果も高いですが、痛みも強いためVIO脱毛を医療脱毛で始めたけれど挫折をしてしまう人も中にはいます。

いくら効果が高いとは言え、医療脱毛でも1年くらいは通わなくてはきちんと脱毛できません。確実にムダ毛のない状態になるには通い続けることが大切なのです。

痛みが不安な場合は、脱毛サロンの光脱毛で出力レベルを下げてもらってでも通ったほうが確実に効果が出ます。

賢く使い分けてキレイな肌を手に入れよう

毛質によって脱毛サロンと医療脱毛を使い分ける

脱毛サロンの光脱毛と、医療脱毛には得意不得意があります。光脱毛は痛みが少なく、医療脱毛はツルツルに仕上げることが得意です。ムダ毛が多い場合は、医療脱毛は痛みが強すぎて辛いと言う人が多く、光脱毛のほうが通い続けやすいです。

しかし、うぶ毛のような薄い毛には光脱毛では効果が出づらいため医療脱毛のほうがしっかりツルツル肌に仕上げてくれます。VIO脱毛は、毛も太く痛みも感じやすい部位です。初めてのVIO脱毛は光脱毛から始めて、脱毛しきれない薄いムダ毛を医療脱毛で完全に処理するような使い分けがおすすめです。

無料体験で本当に痛いか試してみる

痛みが不安なのは、実際に脱毛機器の照射を受けたことがないからです。脱毛の痛みは人により違います。痛みに対しての敏感さのほかに、肌質や毛質によっても違います。どのくらい痛いかは実際に試してみないとわからないのです。

キレイモでは無料カウンセリングでハンド脱毛の無料体験ができます。銀座カラーでは、無料カウンセリングでひじ下脱毛の無料体験ができます。このような体験サービスを利用して、実際に痛みがどのくらいか経験すると不安も解消されるので気軽に参加してみましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る