このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 脱毛法と痛みの違い 脱毛サロンでVIO脱毛!何回で効果が出る?

脱毛サロンでVIO脱毛!何回で効果が出る?

58view

2018.02.14

脱毛方法によって回数が違う、効果が高い脱毛法なら回数も少ない

効果の高い脱毛法ほど痛みも強い

全身の中で最も痛いといわれているVIO脱毛。できれば少ない回数で完了させたいところです。少ない回数で脱毛を完了させるには、高い効果と適切な周期での施術が重要になってきます。

  • ニードル脱毛(針脱毛)・・・最も痛い脱毛法/毛根を完全に破壊するので確実に脱毛できる
  • レーザー脱毛(医療脱毛)・・・痛みを感じる脱毛法/広範囲を一度に処理できるため施術時間は短め
  • 光脱毛(美容脱毛)・・・痛みを感じにくい脱毛法/肌刺激の少ない優しい脱毛法で抑毛効果がある

最も効果が高い脱毛方法はニードル脱毛です。毛穴ひとつひとつに針を指し毛根を破壊するため、また生えてくるということはありません。しかし、ニードル脱毛は最も痛い脱毛で、毛穴一つ一つを処理するためとても時間がかかります。もちろん施術費も高額です。

レーザー脱毛や光脱毛で注意をしたいのが、毛周期です。体に生える毛には、すべて新しく生えて抜ける周期があります。脱毛サロンで施術を受けている時に、ちょうど新しい毛が生えるために休んでいる毛根もあります。

毛が生える前の休んでいる毛穴には、レーザー脱毛や光脱毛の効果が届きません。そのため、1度通ってもまた生えてくるのです。毛周期にあわせて通うことで、休んでいた毛穴も全て照射することができ、最終的に脱毛が完了します。

そのため、毛周期よりも早く通っても効果はなく、痛い上に1回分の脱毛回数を消費してしまうことになります。毛周期に合わせて通うことで、脱毛サロン自体への通う回数をおさえて脱毛をすることができます。

毛量や毛質によって最適な脱毛法がある

脱毛サロンにはそれぞれ平均的に脱毛が完了する回数でVIO脱毛のコースを提供しています。しかしなかには、コースが終わっても毛が残っているという人もいます。それは、毛量や毛質による個人差があるためです。

濃い毛は効果が出やすく薄い毛は効果が出にくい

脱毛サロンの脱毛器は、毛根に光をあて弱らせることで脱毛していきます。毛が濃い場合は毛根も濃いため、光が反応しやすく効果もわかりやすいのです。もちろんその分痛みも強いです。しかし、色素の薄い毛や、うぶ毛のような細い毛質の場合は光が反応しづらく脱毛効果も出にくいのです。

そのため、平均的な回数のコースを利用しても完全に脱毛できないことがあるのです。

脱毛箇所を限定しないプランを使うと安心

実際に脱毛を契約してから、予想より早く効果が出たり、出にくかったりということが分かってきます。最近ではフリープランスタイルで、契約した回数なら別の部位に脱毛回数をスライドできるプランもあります。

そういった契約であれば、脱毛効果が早めに出たら別のパーツの脱毛をしたりすることで、脱毛の個人差に合わせた調整をすることも可能です。

脱毛サロン別のVIO脱毛コース施術回数

 

銀座カラー

VIOセットコース 最大6回/年

  • Vライン(上部)
  • Vライン(サイド)
  • Vライン(iライン)
  • ヒップ奥

1年間4ヶ所の脱毛し放題のプランです。銀座カラーでは、脱毛前にジェルを塗ることで痛みをおさえてくれます。脱毛後にも保湿ケアがあるのでお肌に優しい脱毛です。

ミュゼ

ハイジニーナ7 VIO脱毛コース 最大4回

  • トライアングル上
  • トライアングル下
  • Iライン
  • ヒップ奥(Oライン)
  • へそ下
  • Vライン上
  • Vライン

7ヶ所の脱毛を4回まで受けられるプランです。通える時間が平日の日中に限定された「デイプラン」といつでも通える「レギュラープラン」があります。ミュゼの場合、回数が限定されているので、毛周期に合わせて1~3ヶ月おきに通うことがおすすめです。

両ワキとVライン美容脱毛完了コースの特典がつくため、7ヶ所のうちVラインだけは何度でも脱毛できます。効果に納得がいくまで施術してくれるので安心です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る