このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 脱毛法と痛みの違い 脱毛の痛みが不安な人に脱毛サロンでの施術がおすすめな理由

脱毛の痛みが不安な人に脱毛サロンでの施術がおすすめな理由

58view

2018.01.23

痛みが心配なら医療脱毛より脱毛サロンがオススメな理由

施術のパワーは医療脱毛>脱毛サロンだから

「ムダ毛の自己処理が面倒」「自己処理のし過ぎで肌トラブルが辛い」というような悩みがあって脱毛したくても、“痛み”が心配でカウンセリングを受けることをためらっている人は少なくありません。しかし、以前と比べて最近では脱毛サロンの施術の痛みはかなり軽く、場所によっては無痛になってきました。

そもそも脱毛サロンで行われているのは“フラッシュ脱毛”という方法です。ムダ毛が気になる部分に光をあてると熱に変わり、この熱が毛根にダメージを与えます。脱毛を始める頃から最大パワーで施術をすることは稀ですが、この熱の温度は最大で60℃程度に達することもあり、毛根にダメージが加わった時に痛みを感じます。

しかしフラッシュ脱毛とほぼ同じ仕組みの医療レーザー脱毛で照射されるレーザーの温度は最大で120℃に達する分、高い効果が期待できるのがメリットである一方、痛みも強く感じる分、心配な人は医療脱毛よりも脱毛サロンがおすすめです。ちなみにこの痛みを軽くするために脱毛サロンでは施術の直前に氷やジェルなどを使って感覚を一時的にマヒさせて軽くしている所が多く、医療脱毛では麻酔をして軽くすることができます。

痛みやすいのはこんな部位、こんな人

濃いムダ毛が多い部位、皮膚が薄い部位

フラッシュ脱毛で照射される光は毛に色をつけて“メラニン色素”に反応します。つまりメラニン色素が多い部位(ムダ毛の色が濃い部位)や、皮膚が薄くて脂肪が薄い部位は、そうでない部位と比べて痛みを感じやすいです。具体的には脇、VIO、顔、手足の甲や指、ひざやひじなどが該当し、全身脱毛でも痛みを感じる部位と感じない部位があってもおかしくありません。

肌色が濃い人

生まれつき肌の色が濃い人、海や山でしっかりと日焼けをした人、色の濃い大きなシミがある人も熱が毛根に届く前に肌の色に反応してしまい、痛みを伴う可能性があります。

シミやほくろは可能であればテープで隠して施術をする所や、脱毛前に病院で除去するためのレーザー治療を受けるように指導されることもあり、ひどい日焼けは治まるまで待たなければなりません。ただし日常生活の中でケアしても焼けてしまう分には問題ありません。

肌の状態が良くない人

ひどい乾燥肌やアトピー肌など、普段から肌が敏感になっている人も、普通肌の人と比べると痛みを感じやすいです。このような肌の状態も落ち着いていれば施術ができますが、ひどい場合にはまずはその治療をすすめられます。

それでも痛みが心配な人におすすめの脱毛サロン3選

普段から肌に弱い人、痛みにも弱い人はフラッシュ脱毛にもいくつかの種類がある、下記の方法がおすすめです。気になる人はぜひ口コミもチェックしてみては?

S.S.C.脱毛

S.S.C.脱毛はミュゼや脱毛ラボなどで行われている方法です。施術前に塗るジェルに美容成分や抑毛成分が含まれていて、回数を重ねるうちにムダ毛の再生が抑えられます。(脱毛というより抑毛と言った方が正しいかもしれません。)照射されるのは40℃にも満たない温度の光でIPL脱毛のように高い温度の熱を必要としない分、フラッシュ脱毛の中でも一番痛みを感じにくく、肌に優しい方法です。

ハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛はディオーネで行われている方法です。毛穴の中にある次のムダ毛の種に反応する熱を照射し、ムダ毛の再生を抑える仕組みです。S.S.C.脱毛と同様に照射される熱の温度は高くないため、ディオーネでは“3歳から脱毛”と謳っています。

SHR脱毛

SHR脱毛はラココなどで行われています。仕組み自体はハイパースキン脱毛とほぼ同じですが、光のターゲットは毛穴の中にある“毛包(バルジ)”という毛根全体を覆う、毛を作り出す器官です。弱い熱をジワジワとあてていくため痛みを感じる心配はありません。IPL脱毛では苦手とする産毛でも十分効果が期待できます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る