このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 脱毛の痛み対策のセルフケア 脱毛の痛みを和らげる施術前セルフケア方法|ポイントは保湿

脱毛の痛みを和らげる施術前セルフケア方法|ポイントは保湿

35view

2018.01.20

やみくもに脱毛するのは避ける

正しい知識を身につけよう

ムダ毛が増えてきたときは、早めに対処しなければなりません。しかし、自分で強引に抜こうとすると、肌を傷めてしまう可能性があります。

傷ついてしまった肌を元に戻すのは難しいことなので、できるだけ傷をつけない工夫をしなければならないのです。そのため、自分で処理するよりも専門のエステ・サロン・クリニックに通う方が望ましいと言えます。とはいえ、専門の処理を受けるためには相当な費用がかかるため、安易に受けることはできません。

まず、エステなどに通い始める前に、正しい知識を身につけなければならないのです。知識がないままエステなどに通っても、思うような効果を得ることはできません。効果が得られないだけならまだしも、強い痛みを感じるなどのトラブルにつながるリスクもあるのです。

適切なケアをすれば痛みは怖くない

部分的にムダ毛をなくしたいだけであれば、自分で抜く方法でも大きなトラブルにはつながりにくいです。しかし、さまざまな部位のムダ毛をなくしたい場合は、専門的な全身脱毛の施術を受けることが求められます。たとえば、両ワキや背中のような部位は、自分で処理するのが非常に難しい部分です。その点、全身脱毛の専門的な施術を受けるようにすれば、短期間でムダ毛を減らすことが可能になります。

エステやクリニックではレーザーなどを用いた処理を行うため、強い痛みがあるのではないかと心配する人が多いです。確かに、レーザーなどによって痛みを感じることはあるのですが、しっかりとケアをしていれば痛みを軽減させることができるため、それほど怖がる必要はありません。

施術を受ける前が肝心

セルフケアで結果が大きく変わる

施術の際に感じる痛みの強さは、施術を担当するスタッフの技術、使用する器具の性能などによって変わります。しかし、施術を受ける前のセルフケアをどのように行っているかといった点も、大きく影響していることに注意しなければなりません。セルフケアを全く行わないまま施術を受けてしまうと、痛みが非常に強いものとなってしまうことがあります。

セルフケアを行う際には、しっかりと保湿をすることが重要です。乾燥した状態の肌に全身脱毛の処理を施すと、どうしても肌への負担が大きくなり、それだけ痛みも強くなってしまいます。あらかじめ十分な保湿をするように心がけていると、それだけでも痛みを軽減させることが可能になるのです。

どの部位の処理でも基本は同じ

脱毛の処理を行う場合、どの部位であっても基本的なことは変わりません。たとえば、デリケートな対処が求められるVIOのような部位でも、しっかりと保湿をしておくことが大切なのです。VIOのような部位は、処理を行った際の刺激が大きくなりやすいため、他の部位の脱毛を行うときよりも入念にセルフケアをしておくことがおすすめです。セルフケアが十分にできていれば、余計な心配をする必要がなくなります。

保湿というのは、一朝一夕で終われるものではありません。全身脱毛の処理を受けたいと思うようになったら、毎日欠かさず保湿を行い、十分なケアができた段階で施術を受けることが望ましいです。

回数は一律ではない

全身脱毛の処理を受ける場合、何回通えばよいのかが気になるものですが、回数が一律に決まっているわけではない点に注意が必要です。ムダ毛の濃さ、体質などによって、回数が変わってくることがあります。

通い始める際に口コミを参考にする人が多いですが、口コミはあくまでも参考に過ぎません。口コミでメリット・デメリットなどをチェックすることは必要ですが、その内容を鵜呑みにしてしまうと、思ったほどの成果が得られず後悔する可能性もあります。

おすすめとされているエステ・クリニックなどを複数ピックアップし、じっくりと比較してから通い始めることが大切です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る