このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 脱毛部位と痛み 脱毛サロンの光脱毛で痛みを感じやすい部位をランキングで紹介

脱毛サロンの光脱毛で痛みを感じやすい部位をランキングで紹介

73view

2018.01.20

綺麗になるのは大変だと感じる、脱毛時に刺激を受けやすい部位ベスト5

施術を諦めてしまう方もいるアンダーヘアが1位

アンダーヘアは特にムダ毛の自己処理に苦労をする部位ですが、脱毛をするのも大変だと感じている方が多くいます。全身の他の部位に比べて濃く太いムダ毛が密集していることに加えて、神経が集中しているのでとても敏感です。

VIOラインでもまだVラインは耐えられるという方は少なくありませんが、黒い色に反応をする光の性質上、粘膜の色素が濃いIラインとOラインは特に痛みを感じやすくなります。あまりの痛さに脱毛を途中でやめてしまう方もいるほどです。

ただ、脱毛が完了すると難しい自己処理の手間もなくなり、蒸れや臭いなどの悩みから解放されるという大きなメリットがあります。見た目が整えられて自分に自信が持てるようになったという口コミも少なくありません。

脱毛効果は低くなってしまいますが、照射出力を抑えてもらうことで痛みも軽減できますので、辛い場合にはエステティシャンに相談をしてください。

照射範囲は狭いのに刺激が強いワキが2位

脱毛サロンの中でも比較的安価で提供されており、初めての施術に選ぶ方が多いのがワキ脱毛です。カミソリで剃っただけでは黒いポツポツが目立ってしまうことから脱毛をしてツルツルにするのがおすすめですが、アンダーヘア同様濃く太い毛質であることから痛みを感じやすいです。

しかし、脱毛範囲が狭いことから5分程度の施術であっという間に終了します。痛みはあるけれども効果を実感しやすい部位でもあることから人気の部位です。

敏感で毛抜きの利用も苦労する顔が3位

一口に顔といっても、産毛程度しか生えていない顎や頬に関しては刺激を感じにくいのですが、他よりも濃い毛が生えやすい鼻の下はピリピリとした鋭い痛みを感じ、苦手にしている方が少なくありません。カミソリで剃ることはできても、毛抜きで抜こうとすると涙が出てしまうほど痛いという方が多いように、鼻の下は光脱毛でも刺激に耐えながら脱毛している方が多くいます。

しかし、綺麗に脱毛できれば化粧ノリも良くなりますし、何よりも目立つ部位なので綺麗にしておくことが望ましいでしょう。

皮膚が薄く骨に近いヒザが4位

生えているムダ毛はアンダーヘアやワキに比べて細くなるものの、皮膚が非常に薄く骨にも近いことから、毛の量によっては痛みを感じる方が多くいます。個人差はありますが色素沈着を起こして黒くなっている場合などは、光が反応しやすくなるためさらに刺激が強くなる傾向です。

ヒザと同様に黒ずみなどで痛みやすいヒジが5位

それほど毛の量が多く生えているわけではないものの、腕全体を脱毛しようとした場合に痛みを感じやすいのがヒジになります。ヒザと同じく皮膚が薄く骨にも近い上に、黒ずんでいる方が少なくありません。しかし、ヒザに比べて照射範囲が狭いことから、少し我慢すれば照射はあっという間に終わります。

痛みを少なくするための対策を行おう

しっかりと保湿をすることが必要

毎日しっかりと全身保湿をすることを心がけていれば、部分脱毛や全身脱毛を思い立った際に、いつでも万全の状態で施術に臨めます。

一定の水分量をキープできている潤い肌は外部刺激に強くなり、光脱毛を受けても乾燥肌の方に比べて痛みを感じにくいのです。日頃から念入りにケアをしておき、施術の前後は特に力を入れて保湿を行うようにしてください。

日々の努力で肌トラブルを起こしにくくなり、さらに施術による脱毛の効果もアップします。

肌が敏感になっている時を避けて施術に通うことが大切

特に女性の場合、生理周期によって肌のコンディションに大きな変化が生まれます。敏感になっている生理前後はなるべく避けて予約を入れるようにしてください。

施術回数を重ねていると、場合によっては生理のタイミングがずれて施術日と近くなってしまうこともあるでしょう。ですが、痛くない施術を望んでいる場合には可能な限り予約日を変更して、肌の調子がいい時に脱毛するのがおすすめです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る